読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっぱり戻ってきた 現在ゆったり ブログ移行中です

Overleaf で pLaTeX 使って日本語PDFをプレビューした話

論文をWeb上でMarkdownを使って書くシステムをゆったり開発しているわけだが,まったく進んでいない.

それはさておき,世の中にはWeb上でLaTeXが使えるシステムも存在するわけで.

Cloud LaTeXとか,ShareLaTeXとか.

その中で,Overleafってやつを下の記事で知ったので試した.


結論から言えば,おおよそさっきの記事どおりである.

しかし,我らが情報処理学会テンプレートで日本語フォント埋め込みは,ちょっと違う手順である.

\usepackage[ipaex]{pxchfon}

の代わりに

\AtBeginDvi{\special{pdf:mapfile ptex-ipaex.map}}

と入れる.

これで, コンパイル(PDF生成) まではうまくいく.

だが,PDFのプレビューで日本語が表示されないのである.


その解決方法は次のとおりだ.

まず,Preview formatPDFにする.

config

次に,PDF.jsにcmapsを読みこませる設定をする.(参考

以下のコードをページ読み込み時に実行させる.

PDFJS.cMapUrl = 'https://crossorigin.me/https://github.com/mozilla/pdf.js/raw/master/external/bcmaps/';
PDFJS.cMapPacked = true;

このとき,ScriptAutoRunnerという拡張機能が便利だ.

script


インタラクションフォーマットもご覧のとおりである.

interaction


ここまでOverleafについて紹介してきた.

しかし,外部サーバに大事な未公開論文データなど置けないという話もある.

そこで,ShareLaTeXである.

と,つづきを書いていきたいのだが,この先はまだ試行錯誤中なので後日改めて書かせていただく.