読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yabumi を 使ってみる & Yabumi の Chrome拡張 を書いた

この記事は,NCC Advent Calendar 2015 の 13日目 の記事です.

画像を簡単にアップロードして共有できる Yabumi を使ってみました.


Yabumi

Windowsmac,あとChrome拡張があります.

なのですが...

Chrome

矩形選択でキャプチャができません!

追記(2016/02/20):できるようになったそうです!

一方競合(?)のGyazoでは矩形選択キャプチャにも対応してます.

Gyazo

さて,YabumiにはAPIがあるわけですが,どうするかもうお分かりでしょう.

ないなら作りましょう!


まずは,API仕様からおさらいです.

https://yabumi.cc/api/images.jsonにフォームデータとして送信するとJSONが返ってきます.

このとき,expiresAtクエリで日付を送ると有効期限を決定できます(デフォルト:24時間)

一応nullを明示的に送ると[期限なし]も選択できるのですが,API仕様書にはしっかり書いてありません.

また,Yabumiにはアカウントというものがちゃんと存在していません.

同期キーというものをブラウザに紐付け,そのブラウザでEditURLにアクセスすると,キーと画像が紐付きます.

なので,リクエストを飛ばしたあとはブラウザでURLを開く必要があります.


つぎは,矩形選択とかモロモロのChrome拡張を作るわけですが,そんなのをやっていたら時間がかかりますね.

OSSのちからを借りましょう.

実はGyazo Chrome ExtensionのコードはMITライセンスで公開されています.

gyazo/gyazo-chrome-extension

さて,こいつをちょいと改変してやると良いわけですね!

Gyazoの拡張って要素選択とかもできてかなり多機能です,すごいですね...)

それを使って作ったのがこちら!

3846masa/yabumi-chrome-extension

もうそのまんまですね,はい.

ちょっとだけ工夫した点を書いておきます.

  • Gyazoの拡張内ではdataURLを送信する仕様
    • 一方のYabumiはフォームデータとして画像を送る
  • dataURLからBlobに変換してFormに突っ込む
  • 画像と同期キーを紐付けるために,アップロード後に透明iframeで表示
    • これでコッソリ紐付けがされるわけです

そんなわけで,過去の画像が見れなくなってしまったGyazoからYabumiに移行中です.

実はGyazo拡張ベースにG00gle Photosへアップロードしたかったんですけど,それはまた機会があれば....


追伸:この記事は 2015年12月13日 23:40ぐらいから書き始めました.

おわり!